プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2009年11月12日

ベネズエラ・コロンビア紛争勃発



 南米で国境を接するベネズエラとコロンビアの緊張が高まっています。

 発端は、コロンビアが同国内に、アメリカへ7つの基地を提供したこと。

 ベネズエラのチャベス大統領は、「コロンビアとアメリカ政府は、これを拠点にベネズエラの石油資源を狙う。両国は口裏を合わせて世界をだますことになる」と、コロンビアのウリベ大統領を強烈に批判しています。

 一方、コロンビア政府は、「チャベス大統領はゲリラ部隊のFARC(コロンビア解放前線)と癒着している」と訴えています。

 さらに緊張を高めたのは、先日、ベネズエラ軍兵士2名が国境で殺害され、それを受けて、ベネズエラ軍15,000人が出兵したこと。コロンビアも応戦し、双方に犠牲者が出ました。

 ブラジルのルラ大統領は、両国首脳にブラジルのマナウスで話し合うように仲裁を呼びかけています。

 今やブラジルは、中南米における仲介役として存在感を増しています。

 極端な行動に出るチャベス大統領のこと。開戦する可能性も否定できません。南米の治安がこれ以上悪くならないことを祈ります。

■主な関連記事:

チャベス政権がついに長期化

 【↓ 南米でのブラジルの存在感が増している!と思われる方はクリックを!】



同じカテゴリー(コロンビア)の記事

Posted by 永石公認会計士事務所 at 08:34│Comments(0)コロンビア
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。