プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2009年11月26日

ブラジルが新たな課税



 先月10月20日に、2.0%の金融取引税を導入したばかりのブラジルが、投資に関する新たな税金を、11月19日から課すことを決めました。

 大手のブラジル企業について、現在、米国預託証書(ADR)として取引することができますが、今回の課税は、一部の外国人投資家が、ブラジル企業のADRを買い入れた後に、それを国内発行の株式に転換した時に、1.5%の税金をかけるというものです。

 これは、ブラジル株式への投資にかかる金融取引税を支払わない投資家に対する対抗措置の効果があります。

 もう一つの目的は、年初から対ドルで36%も上昇しているレアルを抑制することです。

 しかし、本当の目的は「取れそうなところから取ろう」ということでしょう。

 ただでさえ複雑なブラジルの税法が、また一歩、より複雑になってしまいました。

 課税後も相変わらずブラジルのボベスパ指数は順調に推移しています。ブラジル投資信託の売れ行きも絶好調なようで、一体どこまで上がるのでしょうか。

 そろそろ気をつけた方がいいのでは・・・

■主な関連記事:

ブラジルが2%の金融税

 【↓ どうして日本株だけ出遅れてるんだろう!と思われる方はクリックを!】



同じカテゴリー(ブラジル)の記事
ボサノバライブ開催
ボサノバライブ開催(2010-10-17 23:02)


Posted by 永石公認会計士事務所 at 10:37│Comments(0)ブラジル
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。