プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2009年12月30日

大人気のブラジルファンド



 今年の日本国内における投資信託の資金流入額は、上位20位のうち11本をブラジル関連が占め、さらに第1位~第5位までを独占しました。

 1位:野村新米国ハイ・イールド債券ブラジルレアルコース(野村)
 2位:ブラジル・ボンド(大和)
 3位:SMBC・日興ニューワールドレアル(三井住友)
 4位:野村北米REITレアル(野村)
 5位:ダイワ外国債券(大和)

 これらはすべてブラジル関連ファンドです。

 1位のハイ・イールド債券ブラジルレアルコースは2009年5月設定ですが、純流入額3745億円にのぼりました。

 ただ、ブラジル関連ファンドの運用成績については、比較的順調に推移してきましたが、足元はレアル安が響き、運用成績が悪化しているのも事実です。

 2014年サッカーワールドカップや2016年オリンピックの影響もあり、人気がやや加熱し過ぎているような気がしています。

 来年度あたり、今年の反動で人気が下火になるころがチャンスになると見ています。

 これで今年の記事は終わりです。よいお年を!!!

■主な関連記事:

BRICsファンド絶好調

 【↓ みんなと逆の行動を取るのが成功の秘訣!と思われる方はクリックを!】



同じカテゴリー(ブラジル)の記事
ボサノバライブ開催
ボサノバライブ開催(2010-10-17 23:02)


Posted by 永石公認会計士事務所 at 11:12│Comments(0)ブラジル
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。