プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2010年02月02日

メキシコ大統領がBRIMC宣言



 来日中のメキシコのカルデロン大統領が、「BRIMC(ブリンク)」という概念を提唱しました。

 これまでは、ブラジル、ロシア、インド、中国の新興4ヶ国のことをBRICs(ブリックス)と読んでいましたが、「メキシコのM」が足りないと主張したようです。

 なかなかうまいこと言いました。どこにMを入れようか、いろいろ考えたんでしょうね。

 メキシコは、新型インフルエンザの影響もあって、2009年はマイナス7%程度まで成長率が落ち込みましたが、「今年は少なくともプラス4%になる」と、なかなか強気のようです。

 確かに、ゴールドマンサックスの予測によると、2050年にはメキシコは、中国、米国、インド、ブラジルに次ぐ世界第5位の経済大国になっています。

 ちなみに6位以下は、ロシア、インドネシア、日本、イギリス、ドイツです。

 今年、日本は中国に抜かれて2位から3位に落ちますが、2050年には8位まで下がると予測されているようです。

 メキシコに話を戻します。しかし、メキシコ国内には依然として、政治汚職、麻薬、治安などの問題が山積しています。

 ラテン系はアピールがうまいので、ある程度割り引いて考える必要がありますが、メキシコがBRICs諸国に食い込むことができるかどうか、注目しましょう。

■主な関連記事:

メキシコでは麻薬所持は合法

 【↓ メキシコの成長はアメリカ次第!と思われる方はクリックを!】



同じカテゴリー(メキシコ)の記事

Posted by 永石公認会計士事務所 at 10:22│Comments(0)メキシコ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。