プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2010年02月15日

リオはカーニバルバブル



 2月12日から、世界三大カーニバルの一つ、ブラジルのリオのカーニバルが始まりました。

 私が観戦した2005年もそうでしたが、年を追うごとにカーニバル期間中の便乗値上げが激しくなっているようです。

 ホテルの料金は、平均で通常時期の約10倍ほどになっています。

 例えば、コパカバーナビーチに近い普通のホテルは1泊500ドル(4万5千円)。高級ホテルのコパカバーナパレスは、最も安い部屋でも1泊5000ドル(45万円)もするのだが、全室予約済みだそうです。

 ブラジルという国は、他の中南米の国々に比べて、「取れるところから取ろう」「取れる人から取ろう」という意識が高いのか、観光シーズンや観光地の値上げ幅が高いように思います。

 リオのカーニバルを見たい人はどうしようもないのですが、単にブラジルを旅行したいという人は、このような時期や場所を避けると、思ったより安くなります。ご参考に。

■主な関連記事:

ブラジルじゅう、カーニバルだらけ

 【↓ ブラジルは調子乗りすぎ!と思われる方はクリックを!】



同じカテゴリー(ブラジル)の記事
ボサノバライブ開催
ボサノバライブ開催(2010-10-17 23:02)


Posted by 永石公認会計士事務所 at 09:25│Comments(0)ブラジル
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。