プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2010年02月26日

ブラジルが預金準備率引き上げ



 ブラジル中央銀行が預金準備率を引き上げ、金融の引き締めを実施しました。

 これによって、新たに710億レアル(約3兆5000億円)の資金が市中から吸収されます。

 ブラジルでは、消費者物価指数が約2年ぶりの伸び率となり、政府のインフレ目標を上回ってきたため、徐々にインフレ懸念が強まっています。

 これを受けて、現状8.75%の政策金利がいつ引き上げられるかに注目が集まっていますが、早ければ3月にも・・・という可能性が高まっています。

 すでに中国やインドは預金準備率の引き上げを実施しており、新興国と先進国の金融政策の違いが一層鮮明になってきました。

 新興国が金融緩和を続ければ、バブルの懸念が高まり、金融引締が行き過ぎれば、世界経済の景気を急激に冷やすことになります。

 先進国の経済は、今や新興国の金融政策に委ねられている、と言っても過言ではないかもしれません。

■主な関連記事:

ブラジル、政策金利を据え置き

 【↓ 世界経済は今や新興国次第!と思われる方はクリックを!】



同じカテゴリー(ブラジル)の記事
ボサノバライブ開催
ボサノバライブ開催(2010-10-17 23:02)


Posted by 永石公認会計士事務所 at 08:45│Comments(0)ブラジル
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。