プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2010年03月02日

米国務長官が中南米歴訪中



 ヒラリー・クリントン米国務長官が、2月28日から3月5日の予定で、中南米5ヶ国を歴訪中です。

 訪問予定国は、南米はウルグアイ、チリ、ブラジルの3カ国、中米はコスタリカ、グアテマラの2カ国です。

 目的はいろいろ推察されていますが、核開発に積極的な「イラン包囲網ツアー」とも言われています。

 特に、国連の非常任理事国であるブラジルが、イランの核利用に理解しているので、イランに対して追加制裁をしたいアメリカは、ブラジルの協力を取り付けることができるかが注目です。

 ところで、ウルグアイ訪問中にチリで大地震が起こったため、チリの訪問は2日間から1日のみに短縮することになりました。と同時に、オバマ大統領も「チリから要請があれば救援活動を行う準備がある」と表明しました。

 米国とカナダを除いた新たな地域機構「中南米カリブ海諸国共同体」の設立が濃厚となるなど、ラテンアメリカ諸国が米国と一定の距離を取ろうとする動きが見られる中、米国への求心力が回復できるかが最大の焦点です。

■主な関連記事:

米国がハイチ占領

 【↓ チリと言えば「地震」しか思い浮かばない!と思われる方はクリックを!】



同じカテゴリー(ラテンアメリカ)の記事
今日からW杯開催
今日からW杯開催(2010-06-11 17:18)


Posted by 永石公認会計士事務所 at 09:52│Comments(0)ラテンアメリカ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。