プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2010年05月25日

ワールドカップ代表選手が続々発表



 サッカーワールドカップ南アフリカ大会開催まで、あと半月ほどになりました。

 ラテンアメリカの出場国は全部で7ヶ国。

 グループA : メキシコ、ウルグアイ
 グループB : アルゼンチン
 グループF : パラグアイ
 グループG : ブラジル
 グループH : ホンジュラス、チリ

 日本をはじめ、続々と代表候補選手が発表されています。

 ブラジルでは、あのロナウジーニョが落選しました。2009年4月以降は代表に招集されていなかったので、当然と言えば当然かもしれません。

 その他にはアドリアーノやアレシャンドレ・パトも落選。ちなみに、カカやロビーニョは選ばれました。

 アルゼンチンでは、メッシやテベスは順調に選ばれましたが、インテルのサネッティとカンビアッソが落選。サネッティは主将を務めていたこともある選手です。

 レベルの高さをつくづく感じます。

 日本代表が、南米で落選した選手を集めたチームと試合をしたら、どちらが勝つのだろうか・・・?

 昨日の韓国戦を見て、つくづくそう思わざるを得ません。

■主な関連記事:

最後の一枠はウルグアイ

 【↓ 日本のサポーターは選手に優しすぎる!と思われる方はクリックを!】



同じカテゴリー(ラテンアメリカ)の記事
今日からW杯開催
今日からW杯開催(2010-06-11 17:18)


Posted by 永石公認会計士事務所 at 06:43│Comments(0)ラテンアメリカ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。