プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2010年05月31日

4月の新興国ファンドは大幅下落



 昨年まで運用成績が好調だった新興国の投資信託が、今年に入って成績が悪化し始めています。

 特に5月は、基準価格が軒並み下落しました。

 4月末比の下落率は、例えば、HSBCロシアオープンは26%、HSBCインドオープンは19%、野村新中国株投資は12%という感じです。

 注目のブラジルファンドも同様で、HSBCブラジルオープンは20%近くも下落しました。

 ブラジルのボベスパ指数は、4月8日につけた今年の高値71784.78ポイントから先週末の61946.99ポイントまで、2ヶ月足らずで13.7%も下げました。

 加えて、円高が進んだため、対円で新興国通貨が軒並み下落し、特にブラジルレアルはここ1ヶ月間で為替レートが10%以上も下落しています。

 外国投信を買う時には、かならず為替リスクをヘッジしているかどうかをチェックして下さいね。

 リーマンショック時には、その数ヶ月前から新興国の株価が下落しはじめていました。今回はその再現かどうかはわかりませんが、リスク資産の一部が新興国から逃げているのは間違いなさそうです。

 日本の個人投資家の間で、あまりにもブラジルファンドの人気が高かっただけに、少し嫌な予感がします。要注意ですね。

■主な関連記事:

ブラジルファンド解約増加

 【↓ 新興国投資はリスク管理が重要!と思われる方はクリックを!】



同じカテゴリー(ブラジル)の記事
ボサノバライブ開催
ボサノバライブ開催(2010-10-17 23:02)


Posted by 永石公認会計士事務所 at 09:56│Comments(0)ブラジル
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。