プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2010年06月02日

コスタリカに続いて南米パラグアイも



 昨日のBlogのコスタリカに続いて、南米パラグアイも地デジ日本方式を採用すると発表しました。

 これで中南米ばかり8ヶ国目です。

 南米の主要10ヶ国のうち、7ヶ国が日本方式。コロンビアとウルグアイの2ヶ国が欧州方式。まだ決めかねているボリビアに対しては、日本側が採用を働きかけています。

 険しい山脈が多いボリビアにとって、山間部に強い日本方式は大きなメリットがあり、さらに、すべての周辺国と最も親密なベネズエラが日本方式を採用しているので、ボリビアはおそらく採用すると思います。

 そうなると、地デジ日本方式は、南米大陸の80%以上を制覇することになります。久しぶりにうれしいニュースです。

 アジアやアフリカはこれから本格的に検討に入ります。この勢いで、世界に日本の技術を売り込みましょう。



■主な関連記事:

コスタリカも地デジ日本方式を採用

 【↓ 外交は正攻法だけでは通用しない!と思われる方はクリックを!】



同じカテゴリー(パラグアイ)の記事

Posted by 永石公認会計士事務所 at 14:50│Comments(0)パラグアイ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。