プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2010年06月03日

アルゼンチンの優勝はないらしい



 いよいよあと1週間ほどで、サッカーワールドカップ南アフリカ大会が開催されます。

 4年前のワールドカップ開催時には、私はブラジルのサンパウロに滞在していました。

 ブラジルの大会前の盛り上がりは、それはもう、すごかったです。

 それに比べて、日本は静かですね。最初からあきらめているからなのでしょうか。

 日本だけに注目しているからおもしろくないわけで、ヨーロッパや南米に注目すれば結構楽しめると思います。

 一次リーグでも、ブラジルvsポルトガルや、チリvsスペインなどおもしろそうな対戦もありますし、アルゼンチンvs韓国、ブラジルvs北朝鮮など、別の意味で楽しみな対戦もあります。

 ところで、ワールドカップには下記のようなジンクスがあり、過去13回、一度も破られていません。

 「バロンドール(欧州年間最優秀選手)受賞者は、翌年のワールドカップで優勝できない」

 たとえば、1994年バッジョ(イタリア)、1998年ロナウド(ブラジル)2006年ロナウジーニョ(ブラジル)など。

 そして、昨年のバロンドール受賞者はアルゼンチンのメッシです。このジンクスに従うと、今回のアルゼンチン優勝はナシ、ということになります。

 確かに今年のアルゼンチンは、南米予選をギリギリ通過しましたし、選手よりもマラドーナ監督に注目が集まりすぎています。

 韓国に負けるという大番狂わせがあったりして・・・。

 あっ、でも、もちろん私はアルゼンチンを応援しています。



■主な関連記事:

ワールドカップ代表選手が続々発表

 【↓ 日本のどこかできっと盛り上がっているはず!と思われる方はクリックを!】



同じカテゴリー(アルゼンチン)の記事

Posted by 永石公認会計士事務所 at 08:58│Comments(2)アルゼンチン
この記事へのコメント
 現地の人間もアルゼンチンのカンピオンはノンと言っています。 

 ブエノスでタクシーに乗ると必ず運転手にコパ・ムンディアルはどこの手にっと聞いてます、大体スペインかブラジル・ドイツ・イタリアと答えます。

 自国の優勝を願ってないのか?
はたまた、客観的に見ているのか?

 普段、あんなに自己中~な人種が・・

 不思議です。 多分、ディエゴの人気ないのかもしれません。(みんな腕に注射の真似して、馬鹿にしてます。)

 でも、俺は本気で亜が優勝すると信じています。 パレルモ・マルティン・

  バァ~~~モォ~~~~。
Posted by 年中夢求。 at 2010年06月03日 11:36
 ブエノスの人たちは、予選時の不甲斐なさが強く印象に残っているので、「アルゼンチンが優勝する」と言わないのでしょうか。

 実は私は、予選で苦戦した国ほど本大会では活躍すると思っています。

 そういう意味では、アルゼンチンは本番ではかなりやってくれるのでは・・・
Posted by ラテンって何やねん?! at 2010年06月03日 12:26
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。