プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2010年06月11日

今日からW杯開催



 ついにこの日がやってきました。日本時間の今晩、ワールドカップ南アフリカ大会が始まります。

 日本ではあまり盛り上がっていませんが、南米諸国ではすごく盛り上がっているようです。

 日本の試合ももちろん楽しみですが、個人的には、中南米代表7ヶ国の試合がとても楽しみです。

 今晩の第一試合で、早速、メキシコが主催国の南アフリカ共和国と対戦します。

 メキシコは決して優勝候補ではないのですが、5大会連続14度目の出場で、ワールドカップの常連国です。

 続く第二試合では、最後にすべり込みで南米代表を決めたウルグアイと、前回大会準優勝のフランスが戦います。

 ウルグアイは、2大会ぶり11度目の出場で、なんと過去2回も優勝しています。決して侮れない古豪です。

 この対戦は目が離せません。フランスが負けることになれば、大ニュースです。

 ワールドカップは、各国が威信をかけて戦っています。過去には、オウンゴールを入れたコロンビアの選手が帰国後に射殺されたこともあります。ブラジルでは、今回の大会前に、ルーラ大統領が国民の結束を訴えました。

 ここまで書いて思ったのですが、日本代表には「何が何でも勝ってやろう」という必死さが、他国に比べて大きく欠けています。また、サポーターの評価も甘いです。

 なるほど、それでは勝てるわけはないし、負けても帰国後に「よくやった。負けて悔いなし」って言われているようじゃ、選手も必死になりません。

 いずれにしても、これから1ヶ月間、国のプライドをかけた戦いが始まります。本当に楽しみです。

 皆さんも、単なるスポーツ観戦ではなく、国と国の戦いという観点で見て下さい。




■主な関連記事:

ワールドカップ代表選手が続々発表

 【↓ 日本のサポーターは選手に甘すぎる!と思われる方はクリックを!】



同じカテゴリー(ラテンアメリカ)の記事

Posted by 永石公認会計士事務所 at 17:18│Comments(1)ラテンアメリカ
この記事へのコメント
 ギリギリ・アルゼンチン勝ちました。

 アフリカ勢の体力スタミナはすごい!

 カメルーンも疲れしらづかなぁ~・・

 日本は最後までスタミナを維持する戦略を立ててほしい。 最後は気持ちとスタミナかもしれません。

 もっと食べて、体を刃金のようにしないと世界には中々・・。

でも、根性と気迫、魂。(精神論だらけ!) 何とか、インパクトのある大会にしていただきたい、日本の未来を明るく照らしてほしい。願望です。

 政治や経済がオウンゴールばかりなので・・・・・。
Posted by 年中夢求。 at 2010年06月13日 05:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。