プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2010年07月07日

続々と日本方式を採用



 南米ボリビアも、地デジ日本方式の採用を決定しました。

 これで、ブラジル、ペルー、アルゼンチン、チリ、ベネズエラ、エクアドル、パラグアイ(以上南米)、コスタリカ、フィリピンに続いて10ヶ国目です。

 南米では、コロンビアとウルグアイをのぞく8ヶ国で日本方式を採用することになり、南米大陸の80%以上を制覇することになりました。

 2006年にブラジルが最初に日本方式を採用した時には、ここまで広まるとは予想できませんでした。

 日本政府の交渉力もたいしたもんです。

 しかし問題はここからです。せっかく莫大な予算を使って日本方式を広めたのだから、日本の国益になるように、したたかに交渉することが重要です。

 決して、日本の技術を相手に取られる上に、欧米や韓国・中国などの外国企業のみに利益をもたらすことのないようにしてほしいものです。



■主な関連記事:

コスタリカに続いて南米パラグアイも

 【↓ アジアやアフリカにも期待!と思われる方はクリックを!】



同じカテゴリー(ボリビア)の記事

Posted by 永石公認会計士事務所 at 15:44│Comments(0)ボリビア
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。